妊娠前から初期に気をつけるべきこと

0c2cbbd05514f876612e4f82a3c52826_s

0c2cbbd05514f876612e4f82a3c52826_s

妊娠前からは…
1週間にワイングラス4杯以上のアルコールを飲んでいる女性は妊娠しにくくなるという報告がありますので、妊娠を希望する方はアルコールは控えめにしましょう。

87cd218812a5f38195b7e1203a4838c0_s
またカフェインも同様に、1日コーヒー2杯(250mg以上)のカフェインをとると妊娠率が下がることがわかっています。
カフェインは、コーヒーのほかにも、緑茶、紅茶、ウーロン茶、ココア、チョコレート、栄養ドリンク、コーラなどにも含まれていますので、取り過ぎないようにしましょう。
ノンカフェインで美味しいお茶も妊活用に販売されているのでチェックしてみることをおすすめします。

妊娠初期には…

妊娠初期には、絶対にお酒を飲まないようにしてください。

ただし、生理がこなくて妊娠したかもしれないと思った時点から飲まななければ心配ありません。

妊娠初期14週未満までは赤ちゃんの器官形成期にあたり、ほとんどこの時点で人としての土台がすべて出来上がってしまいます。
妊娠中の過度な飲酒は、赤ちゃんの胎児性アルコール症候群を引き起こし、赤ちゃんの目が小さくなったり、上唇がちいさくなったり、身体が小さくなったりするだけでなく、学習障害なども起きてくるので注意しましょう。

これらに加えて、妊娠前から初期にかけては葉酸サプリを摂取するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です